神社にて・・・


昨日はお昼過ぎから好天気 日差しも春の温かみを感じるように
家から近い神社にママチャリでお散歩気分
少し気分転換になりました

2-24-a.jpg

2-24-b.jpg

2-24-c.jpg

スポンサーサイト

再びの水仙


2月も後半になり昨年の暮れから咲きだした水仙もそろそろ終了の
時を迎えようとしている そんな中でも意外と綺麗な水仙を
見かけたりする 

2-23-a.jpg

仲良し3人組


春の日差しを感じられる午後のひと時
傍を通りかかると3人のお婆さんが
楽しそうに昔話をしておりました とても良い雰囲気だったので
失礼して後ろから写真を撮らせて頂きました

2-22-a.jpg

冬枯れの池


梅は咲きだしたものの池の周りはまだ冬モード
菜の花が少し咲きだしたようです コブシの蕾も膨らんできたようです
3月に入れば池も周りも少しは春らしくなるでしょう

2-20-a.jpg

2-20-b.jpg

夏ミカンなのに何故冬に収穫?


夏みかんの旬は一月半ばから三月くらいといわれている。なのになぜ夏と
つくのか?昭和30年代後半まで、夏みかんの旬は夏だった。冬のみかんに
対置していた。しかし、夏みかんの品種改良がはじまり、酸味があまりなくて
甘い夏みかんが出てきた。これが甘夏というもので、冬場2月から三月までが
収穫時期。その甘夏が人気となり、夏みかんは甘夏のことを指すようになり。
冬の果物となった。

2-18-a.jpg

2-18-b.jpg