初冬の池畔


今日で本当の大晦日 明日から新年となります
年齢を重ねてくると月日の移り変わりを目まぐるしく感じます
リタイヤ組として日常の変化に乏しく
やはり仕事をしているときのほうが日々生き生きとしていたような・・・
年末で感傷的になってしまったのか? そんな柄でもないのに !(^^)!
話を写真に戻します 園内の池はすっかり冬モード突入です
落葉樹は完全に葉を落とし来年の春を待っているようです
何となく寒々とした池の周りです
やはり春が好いですね 待ち遠しい気分です

12-31-1.jpg

12-31-2.jpg

12-31-3.jpg
スポンサーサイト

富士山が見えた日


昨日は北風が肌を刺すような冷たい一日でした
しかし冬晴の一日 お蔭で千葉県の里山からでも
ハッキリと素敵な冬の富士山を拝む事ができました

12-29-1.jpg

12-29-2.jpg

12-29-3.jpg

ある冬の晴れた日に


園内を歩いていると色んな人たちに遭遇する
何となく観察していると非常に興味深い
年配者の時間潰し 家族連れの何気ない会話
色んな光景も、また楽しいものである

12-28-1.jpg

12-28-2.jpg

朝の散歩道


12月も残りわずか 師走の雰囲気が朝の園内でも
伝わってきます これからは冬枯れの時期
被写体も限られてきますね 春が待ち遠しい

12-27-1.jpg

遊歩道は大渋滞


ストックフォトからですが
紅葉の時期の遊歩道のスナップです
まるで歩行者天国をそのまま持ってきたような雰囲気ですね

12-24-1.jpg

残り柿


季節は師走 最近は季節外れの暖かさが続いておりますが・・・
日本の秋と言えば柿の木のある風景が連想されますが
流石に今の時期は柿の実も姿を消しつつあります
今日の写真も柿の実も残り少なくなり
寂しい季節を迎えつつあります
そういえば今年も10日余り
月日の経過は本当に早いものです

12-23-1.jpg

ヤツデの花咲く


絶対的な自信はないが恐らくヤツデだと思う?
林内に生える。高さは2~4mで、枝分かれは少ない
庭木として植えられたが、最近は野生化したものが多い。
手の形の大きな葉が、人を招くと言う縁起から、
玄関脇に植えられたり、日陰でも育つことから
庭の隅や、中庭などに植えられた。

12-22-1.jpg